きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

全国47都道府県の"土産物"が勢ぞろい!札幌にいながら約400点味めぐり 定番から目を引く物が大集合

友だち追加

 札幌のデパートに、全国47都道府県の土産物が勢ぞろいしました。

 定番のものから一風変わったものまで、北海道にいながら全国の味めぐりが楽しめます。

日本全国から約400点のお土産が大集合

 札幌三越で10月14日から始まった「全国縦断お土産まつり」。

 全国47都道府県から集まった商品の数は、約400点に上ります。

お土産を買うだけで「旅行気分」

 客:「旅行に全然行けないので。行ったことのない所のおいしいものがあるかなと思って」

 客:「初めてですよね。懐かしいと思った。うなぎパイ好きだから」

 新型コロナウイルスの感染拡大により、土産物のお菓子の消費が減少していることから、製造業者を応援しようと企画されました。

抹茶にミルク…沖縄土産の定番『ちんすこう』も

 本田 祐里佳 記者:「これはメジャーですね。『ちんすこう』の5種詰め合わせ。」

 沖縄県といえば『ちんすこう』。ミルク味や抹茶味などが楽しめます。

 静岡県・浜松市の銘菓、『うなぎパイ』を"かごいっぱい"に買いこむ人も。

 その土地定番の土産物がそろう一方で、こんなものも…。

『く』『んめ』が商品名?

 本田 祐里佳 記者: 「『く』、『んめ』、そして、いぶりがっこショコラ『け』。『け』というのは秋田弁で『お食べください』の意味があるそうです」

 何とも独特なネーミング。

商品名が「秋田弁」のユニークなお菓子も

 実はこちら、秋田県の方言がそのまま商品名になっているんです。

 「く」は「食べる」、「んめ」は「おいしい」という意味なんだとか。

くじ付きの駄菓子セット『イモ当て』

 青森県からはくじ付きの駄菓子セット『イモ当て』など、めったに見ることのないユニークなお菓子の数々も。

 その中でも特に気になったのが…。

長野県のロングセラー商品!?

 本田 祐里佳 記者:「出荷されるリンゴをイメージさせるこのパッケージに一目ぼれしました」

 長野県の『信州りんご』。2020年で発売41周年、地元で愛されるロングセラー商品です。

リンゴ箱のパッケージには「焼きまんじゅう」

 果物のリンゴの箱をモチーフにしたパッケージ。中にはかわいらしいリンゴ型の焼きまんじゅうが並んでいます。

甘みと酸味のバランスが抜群!

 本田 祐里佳 記者:「中にリンゴのジュレが入っていて、甘酸っぱさが口いっぱいに広がり幸せな気分になります」

三重県銘菓『手裏剣かたやき』

 そして、こんなものも。

 三重県・伊賀市の郷土菓子『手裏剣かたやき』。

"日本一かたいせんべい"は本当にカタイ…

 日本一かたいせんべいと銘打っています。どれほどのものなのか、挑戦してみました。

 本田 祐里佳 記者:「かたい!かめないです。歯が折れそう」

北海道にいても「各地の味を」

 全国菓子工業組合連合会 吉田 竹志さん:「まだ旅行に行く気になれない人も多いと思う。遠くに行かなくても各地の味が楽しめる機会を利用してほしい」

 「全国縦断お土産まつり」は、10月19日まで開かれています。