きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

十勝岳連峰に登山に入った73歳男性遭難か…携帯電話つながらず "入山3日目"警察・消防捜索も行方不明

事件・事故 社会 友だち追加

 10月12日から北海道十勝岳連峰に登山に入った70代の男性の行方がわからなくなっていて、警察は遭難したとみて捜索しています。

 荒川 健太郎 記者:「午前5時45分すぎです。警察と消防が男性の捜索に入ります」

 行方がわからなくなっているのは、北海道千歳市信濃の無職 瀬戸口孝年(73)さんです。 

 瀬戸口さんは10月12日午前7時30分ごろ、北海道上富良野町の凌雲閣登山口から十勝岳連峰に入りましたが、13日になっても帰らないため家族が警察に通報しました。 

 瀬戸口さんの乗っていた乗用車は登山口の近くに止めてあるのが見つかり、携帯電話は繋がらない状態だということです。 

 警察と消防は午前5時30分ごろから捜索を開始しましたが、まだ見つかっていません。