きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

夢の施設"ボールパーク"を歩いて実感…フォトスポットも登場「待ち遠しい」スポーツイベントも計画へ

エンタメ 道内経済 友だち追加

 2023年の開業を目指し北海道日本ハムファイターズが準備を進めている"エスコンフィールド北海道"の工事現場で、10月4日ウオーキングイベントが行われました。早くも夢の施設を実感です。

 2023年、北海道北広島市に完成する"エスコンフィールド北海道"。野球以外にも楽しめるボールパークと呼ばれる場所には、約37haの広大な敷地を使って温泉や自然を生かした施設などの建設が予定されています。北海道に、新たな総合エンターテイメント施設が誕生するのです。

 八木 隆太郎 アナウンサー:「まもなくファイターズ新球場をめぐるウオーキングイベントが行われます」

 10月4日行われた、北広島駅から工事現場を一周するウオーキングイベント。北広島市内外から200人を超える人たちが参加しました。

ボールパークに向けて出発した参加者たち

 八木 隆太郎 アナウンサー:「1か月前来た時よりも、骨組みが見えてきました。一体何ができるのか、ちょっとワクワクしますね~」

 3年後の開業へに向けて着々と進む建設工事。ボールパークに期待する地元の人たちの思いにも迫りました。
 北海道・JR北広島駅からファイターズの新球場工事現場を一周するイベント、「Fビレッジを歩こう」。

 イベントの主催者は市役所や商工会、ファイターズなども加わった北広島市ボールパーク推進期成会です。新球場オープンへ向けて機運を高めるために様々な取り組みを計画しています。

 期成会メンバー 立蔵 潤さん:「今回はユニホームの上にゼッケンを着て、目立った格好で動いてもらうことになります」 

地元の人と語る期成会メンバー 立蔵 潤さん

 中心メンバーは、北広島駅前でバーを営む立蔵潤さん。この日、お店に来た地元の人たちとの会話でもボールパークの話題は様々な意見が飛び交います。

 期成会メンバー 立蔵 潤さん:「若い人たちが北広島市で働けるのが大きい」

 地元の人:「(新球場を)利用しながら活性化していかないと、できたところで何も変わらないから。5、6年後に『あそこ、ボールパークしかないよ』それだけは避けないといけない」

 当日は、ゴール地点で参加者を迎える準備をする立蔵さん。そして、イベントがスタート!八木キャスターも参加します。

 八木 隆太郎 アナウンサー:「ボールパークが目の前に!工事がどんどん進んでますね~。すごい、広大な敷地にたくさんの重機がある」

 参加した人:「(Q:野球見ながら温泉は入れるって!不思議だよね?)忙しいですね」

 西側の見晴らしの良い場所では写真を撮れるフォトスポットも用意されました。

  • みんテレ