きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"レジ袋有料化"から3か月…コロナ禍で実は増えてるプラスチックごみ 紙切り替えや容器持参サービス続々

友だち追加

プラスチックから紙へ切り替える動きが加速中

 レジ袋の有料化から10月1日で3か月。レジ袋だけではなく、商品のパッケージを紙に変えるなど、プラスチックごみを減らす様々な工夫が行われています。消費者にとってはうれしいお得なサービスもあるんです。

 こちらはお馴染みのチョコレート菓子、「キットカット」。パッケージが紙に変わっています。2019年から一部の製品で先行していましたが、2020年からは大袋タイプのほとんどが紙パッケージになっているんです。これにより、年間約450トンのプラスチック削減が見込めるということです。

 ネスレ日本 村田 敦さん:「2022年までに、キットカット全製品の包材を全てリサイクル、リユース可能な素材にすることを目指していきたい」

 脱プラスチックの動きは弁当の容器にも。コンビニエンスストアのローソンでは9月8日から紙トレーを使った弁当を販売しています。

 2020年7月から始まったレジ袋の有料化とともに、プラスチックごみ削減の様々な取り組みが広がっています。それでは実際に減っているのでしょうか?

実は"増えている"プラスチックごみ

続々と集められるプラスチックごみ

 北海道民:「プラスチックごみですか?増えてると思いますけど」

 北海道民:「常に多い」

 実は、家庭から出るプラスチックごみは2019年に比べて増えているんです。

 札幌市 循環型社会推進課 岡本 俊幸 課長:「3月~7月にかけてならすと(去年に比べ)6%くらい、容器包装プラスチックごみは増えている」

 様々な取り組みにもかかわらず、なぜ増えているのでしょうか?そして、削減を進めるお得なサービスとは?

 2020年7月から始まったレジ袋の有料化。プラスチックごみ削減の様々な取り組みが広がっていますが、現実は…。

 札幌市 循環型社会推進課 岡本 俊幸 課長:「3月~7月にかけてならすと(去年に比べ)6%くらい、容器包装プラスチックごみは増えている。ステイホームで家で過ごす時間が長くなり、店で買ってきて家で食べる人が増えた」