きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「ホームから人が飛び込んだ」特急列車運転士から連絡…JR北海道室蘭線一部運転見合わせ 性別・年齢不明

事件・事故 社会 友だち追加

人身事故の発表をしたJR北海道

 9月30日午後1時ごろ、北海道苫小牧市のJR北海道 室蘭線で人身事故があり、JRが付近の運転を見合わせています。

 人身事故があったのは、苫小牧市錦岡の錦岡駅構内です。

 30日午後0時55分ごろ、JR北海道から「函館発札幌行きの特急北斗7号の運転士から『ホームから人が飛び込んだ』と連絡があった」などと警察に通報がありました。

 列車は緊急停車しましたが、飛び込んだ人は死亡し、遺体の損傷が激しいため性別や年齢もわからないということです。

 運転士や乗客74人にけがはありません。

 錦岡駅は特急が通過する無人駅でした。

 事故直後からJR北海道は室蘭線 苫小牧~萩野間の上下線で運転を見合わせ、午後2時4分に上り線が、下り線は午後3時45分に運転を再開しました。

 この事故で特急6本が運休したほか、最大3時間ほどの遅れが出て約1000人に影響がでました。