きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「核のゴミ"プルトニウム"をポイ捨てする」学校や空港・市役所に脅迫メール届く…北海道帯広市 警戒へ

事件・事故 社会 友だち追加

爆破予告などのメールが届いた帯広市役所

 9月20日、北海道帯広市役所に危険物の持ち込みや爆破などを予告するメールが届き、警察などが警戒にあたっています。

 爆破などの予告メールが届いたのは、帯広市役所や帯広空港、市内の学校です。

 関係者によりますと9月20日午前3時ごろ、市役所の危機対策課と総務課に「9月23日の12時30分から市内の学校に核のゴミ”プルトニウム”をポイ捨てする。それでも満足できなかったら13時30分ごろに空港と市役所本庁舎に火薬を詰め込んだトラックを衝突させる。その後、生き残った職員や児童・生徒をサブマシンガンで狙撃する」とメールが届き、警察に通報しました。

 核のごみは、使用済み核燃料から再利用可能なプルトニウムなどを取り除く処理をした際にできる高レベル放射性廃棄物の廃液の総称でプルトニウムではありませんが、プルトニウムをポイ捨てするとされた帯広市内の学校が特定されていないため、市は市内の小中高校、あわせて41校に注意を促すメールを送ったということです。

 帯広市は、「類似の予告が全国的に行われており、いたずらと思われます」としながら、「当該施設においては念のため、帯広警察署の協力のもと各施設内の点検と警備体制を強化したうえで通常通りの授業・業務を行います」としています。

 警察は威力業務妨害などの疑いも視野に調べるとともに、当日はパトロールを強化し警戒することにしています。