きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道信金の30代職員が"約1400万円"引き出し700万余遊興費に…記帳した客が気付く 懲戒解雇

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道信用金庫の30代の職員が顧客の預金など約1400万円を不正に引き出し、うち700万円余りを着服していたことがわかりました。

 着服をしていたのは、北海道信用金庫の札幌市内の支店勤務の30代の男性職員です。

 職員は2019年7月から2020年7月までの間に、顧客の預金を引き出したほか、解約された積立金を返金しないといった方法で約1400万円を不正に引き出しました。

 職員はこのうち700万円余りを遊興費などに使ってましたが、残り700万円は発覚を免れるために客に戻していました。

 7月末に顧客が通帳を見て預金の引き出しに気づき、発覚しました。

 北海道信用金庫はこの職員を懲戒解雇処分しました。その上で再発防止と信頼回復に向け取り組むとしています。