きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

この時期も要注意…子どものベランダ"転落事故" 背より高い柵も乗り越えられる「危険から身を守る」には

コラム・特集 友だち追加

少なくとも2か月で2件の転落事故が札幌で

4歳男児が転落した現場(北海道札幌市南区、2020年8月)

 マンションなどのベランダから子どもが転落する…。子育て中の親や祖父母、知り合いの面倒を見るために預かる人にとっても想像するだけでぞっとする光景です。
 
 ベランダからの転落事故は、真夏と冬を除いたこの時期が要注意だといいます。防ぐために必要な対策を探りました。

 住民:「ドスンという音がして見ると男の子が落ちていた」

 2020年8月午後10時ごろ、北海道札幌市南区で4歳の男の子がマンションの8階から転落。落下した地面が芝生だったこともあり、腕や足の骨を折る重傷を負ったものの一命はとりとめました。

 周辺にはぬいぐるみなどが7~8個落ちていて、警察は男の子がぬいぐるみを見ようと落ちた可能性があるとみています。

 当時母親は子どもを寝かしつけリビングに移動していて、「男の子は寝たと思った」と話していたということです。

5歳男児が転落した現場(北海道札幌市厚別区、2020年6月)

 北海道では、6月にも札幌市厚別区のマンション7階から5歳の男の子が転落し重体となる事故が起きています。当時両親は外出中で、男の子は1人だったということです。

 北海道内での幼い子どもの転落事故は、少なくとも2020年に2件、2015年にも1件起きていて、2010年には1件死亡事故も確認されています。

親の想像を超える行動をすることも…

 思わぬ子供の事故に保護者は…

 保護者:「まだ(孫は)歩けないけどおっかないよねえ」「ずっと子どもを見ているのは難しいと思うので対策は取った方がいいと思う」「まもなく子どもが2歳になる。活発になってきて目が離せないです」

 中にはこんなヒヤッとした経験をした人も。

 親:「鍵を勝手に開けてベランダに子どもが出たことあります」

この時期は転落事故に「要注意」

転落事故が起きる時期の傾向を分析する セーフキッズジャパン 大野 美喜子 理事

 身近に潜む子どものベランダからの転落事故の危険。実はこの時期に注意が必要だといいます。

 セーフキッズジャパン 大野 美喜子 理事:「5月か、9月、10月が多くなっていて、窓を開けることが事故が増える原因とみています」