きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

民家の庭で"漬物のバケツ"あさるクマ…大声で逃げるも再び姿現し住民「気が気でない」体長約1メートルか

事件・事故 社会 友だち追加

クマがあさっていたバケツ(北海道函館市、2020年9月18日)

 9月18日午後、北海道函館市の函館空港近くにある民家の庭でヒグマが目撃され、警察やハンターが警戒を強めています。

 18日午後0時45分ごろ、函館市瀬戸川町の民家の庭で、住人の70代の男性がクマ1頭を目撃しました。

 男性によりますとクマは漬物が入ったバケツをあさっていて、男性が大声を出すと沢の方に一度逃げました。

 しかし数分後に戻り、再びバケツをあさっていたため男性から連絡を受けた妻が警察に通報しました。

 通報を受け、警察と市の職員、ハンターが現場に向かい周囲を確認すると、長さ約15センチのクマの足跡が見つかったということです。

 ハンターによりますと、「メスであれば成獣、オスであれば2~3歳。体長は1メートルほどとみられる」ということです。

 男性は「今まで経験がない。夜も気が気でない…」と話していて、函館市は現場周辺に「クマ出没注意」の看板を2か所設置するとともに、9月23日ごろまでハンターに警戒を要請しています。