きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

本格派&手使わず利用できる消毒液も…業種超え開発進む"コロナ対策商品"に熱視線 #コロナとどう暮らす

社会 道内経済 コラム・特集 友だち追加

 今や必需品と言える新型コロナウイルスの感染防止グッズですが、業種を超えた多くの企業が開発に乗り出しています。

 ありそうでなかった便利グッズが今後、街角に増えていきそうです。

今やスーパーなど至る所に常備されている消毒用アルコール。最近では足踏み式の消毒液スタンドも少しずつ見かけるようになりました。

 利用者:「とても便利だと思う。両手がふさがっていたらどうしたらいいのかわからない」

 利用者:「使いやすい。他人の触れたところを触らなくていい」

 直接ボトルに触れずにペダルを足で踏むだけで消毒ができるというこちらの商品。その名も「フム噴霧」。

ボトルに触れずに消毒できる「フム噴霧」

開発・製造したのは、札幌で創業90年のステンレス加工会社です。

 主に流し台やタンクなどのステンレス製品を手掛けていますが、コロナ禍で自分たちの技術を活かした商品を作れないかと考えました。

ステンレス加工のノウハウをいかして新商品開発へ

 樋口 開発部 柴田 康 部長:「色々今までやってきた中でノウハウを少しずつ生かして今回作った。見た目も清潔感もあるし、汚れても拭けば元通りなのでステンレスはよいと思う。色々なところで喜ばれている」

 市町村の保健所や商業施設などから続々と注文を受けていて、すでに500台近くを全道に出荷しているということです。

 樋口 第二営業部 高橋 慎一 課長:「どんなボトルにも対応できるように、高さ調整ができるようになっています」

 もともと兼ね備えた技術を生かして感染対策に役立つものを作る企業が道内で増えています。このうち、老舗酒蔵が取り組み始めた新たな領域とは…。

老舗酒造会社も乗り出した"コロナ対策"の商品開発

「田中酒造」(小樽市)

 創業121年、小樽市の老舗酒蔵「田中酒造」。北海道産米にこだわった酒作りを行っていて、酒蔵見学もでき観光客からも人気を集めていました。

 しかし、新型コロナウイルスの影響で売り上げは激減し、4月からは毎週行っていた酒作りを月に1回へ減らすことに。