きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道の天気 9/15(火) 南西部で大雨のおそれ!夕方から雨強まる

天気 友だち追加

(吉井庸二気象予報士が解説) 正午現在

午後は南西部で大雨に注意が必要です。
特に雨量が多くなりそうなのが、渡島地方と胆振地方です。
あす朝にかけて最大100ミリの大雨となるおそれもあるため、土砂災害などに注意が必要です。

◆雨雲の様子
午前11時で雨の降っているエリアは道南の一部に限られています。
道南は、午後3時ごろから雨が強まる予想です。
雷を伴うおそれもあります。
さらに、夜になると胆振地方や石狩南部で雨が強まる可能性があります。

◆時間ごとの天気
・道央と道南
函館など道南は先週木曜日から毎日雨が降っています。
少しの雨で土砂崩れが起きたり、川が増水するおそれもあるので注意が必要です。
札幌は午後6時ごろから雨が降り出しそうです。

・道北とオホーツク海側
きょういっぱいは、雨の心配はなさそうです。
旭川や留萌はきのうより7℃高く、22℃から23℃の予想です。
日中は半袖でも過ごせそうです。

・太平洋側
道東は今朝は今季一番の冷え込みになりました。
ただ、日中は、きのうより気温が上がり、帯広は3日ぶりに15℃以上です。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
札幌はあすは朝まで雨が降りやすいでしょう。
金曜日は広い範囲で雨で、雨が強まるおそれがあります。
4連休は前半ほど日差しが期待できそうです。

・太平洋側
金曜日にかけて長雨が続きます。
あす以降は、帯広でも20℃以上になります。
週末は25℃近くまで上がる所が多く、汗ばむ陽気になりそうです。