きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"携帯料金の大幅引き下げ""農業と福祉の連携" 北海道民が菅新総裁に期待することとは…政策手腕に注目

政治 社会 道内経済 友だち追加

 自民党新総裁が行われ、菅義偉官房長官が新総裁に選出されました。事実上の新総理となる菅氏に北海道民が期待することは何なのか聞いてみました。

 自民党新総裁に決まった菅義偉官房長官。菅氏と言えば携帯料金の大幅引き下げが持論なだけに、街でも期待の声が…。

 北海道民:「日本ってすごく携帯料金高いんですよね。できたら外国並みの値段にしてもらいたい」

 北海道民:「コロナの影響で家でズームなどを使う機会が多かったので通信料が増え料金が上がったので高いなと感じた。総理になったら携帯料金の方も考えてほしい」

 北海道民:「携帯料金は親が払っている。携帯料金より消費税を上げないでほしい」

 また、菅氏は、ふるさと納税の生みの親。ふるさと納税の寄付額 第5位の根室市では…

 石垣 雅敏 根室市長:「ふるさと納税がなければ今回のコロナ対策を含めて様々な対策がうてない状況がある。まさに地方の恩人」

 と、菅氏様様の様子。

 一方、気になるのが北海道の基幹産業農業についての政策です。実家がりんご農家だという菅氏、実は農業と福祉の連携を進める推進会議の議長を務めています。

 北広島市で障害のある人とともに農業を続けてきた竹内農園の竹内巧さんは。

 竹内農園 竹内 巧さん:「今まさにコロナで外国人技能実習生が来なくて困っている農家もあると聞く。農福連携の仕組みは地元にいる人たちで地元の産業を支えていく仕組み。(農業と福祉の連携は)産業の活性化には欠かせないので支援してもらえればと思う」

 新総裁に選ばれた菅氏が今後、どんな政策を進めていくのか。北海道内でもその手腕が注目されています。