きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"世界文化遺産"登録へ現地に調査団「北海道・北東北の縄文遺跡群」北黄金貝塚を訪問…2021年にも勧告

友だち追加

 ユネスコの世界文化遺産への登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群の一つ伊達市の北黄金貝塚で9月13日、ユネスコの諮問機関による現地調査が行われました。

 この縄文遺跡群は、北海道と東北3県に点在する17の縄文時代の遺跡で構成されていて、世界文化遺産の国内候補地として、2021年の登録を目指しています。

 このうち北海道内では6つの遺跡が対象となっています。

 13日は世界文化遺産としてふさわしいか評価し判定を行う、ユネスコの諮問機関イコモスの専門家が、北黄金貝塚を訪れ担当者から説明を受けました。

 調査は15日までに全て終了し、イコモスは2021年にも世界遺産にふさわしいか勧告を行う見通しです。