きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

ファイターズ「飯山裕志内野守備コーチ」新型コロナ感染判明…"仙台"への帯同選手・スタッフPCR検査へ

エンタメ・スポーツ 友だち追加

飯山コーチの新型コロナウイルス感染を発表した北海道日本ハムファイターズ

 北海道日本ハムファイターズは9月12日、飯山裕志内野守備コーチが新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたことを発表しました。

 ファイターズによりますと、飯山コーチから11日仙台へ移動後、「家族が発熱を訴えている」との申告がありました。本人に症状はありませんが、同日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)のベンチ入りを見合わせ、宿舎内に隔離。NPBへ報告の上、PCR検査を受けたところ、12日に陽性と判明しました。

 家族は陰性だったということです。

 ファイターズは、飯山コーチの陰性が確認されるまで経過観察を続け、保健所は濃厚接触者の特定を進めています。

 いまのところ選手、スタッフに体調不良を訴える人はいないということですが、12日中に仙台遠征に帯同している全員のPCR検査をするということです。

 ファイターズは「NPB新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」に従い、これまでも感染予防策に取り組んでまいりましたが、チーム全体に再度周知、徹底を図り、対策を講じていく所存です」とコメントしています。

 ファイターズは、9月11日から仙台でイーグルスと3連戦の予定でしたが、12日は雨天のため中止となり14日までとなっています。

 今後の検査で陽性者が確認されなければ、13日以降の試合については、予定通り行うとしています。