きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

新根室プロレスのサムソン宮本さん逝く…巨大パンダレスラー「アンドレザ・ジャイアントパンダ」の生みの親

エンタメ・スポーツ 道内経済 くらし・医療 友だち追加

新根室プロレスの元代表サムソン宮本さんが死去

サムソン宮本さんとアンドレザ・ジャイアントパンダ(2019年9月 地元根室の祭りにて)

 "アマチュア・プロレス団体"として人気を集めていた「新根室プロレス」の元代表、サムソン宮本さん(本名:宮本隆志さん)が9月11日に亡くなっていたことがわかりました。55歳でした。

 サムソン宮本さんは「無理しない、ケガしない、明日も仕事」をモットーに、自らリングに上がる一方、巨大パンダのレスラー「アンドレザ・ジャイアントパンダ」を世に送り出し、新根室プロレスを全国区の人気団体に押し上げました。

闘病しながらのプロレス活動

サムソン宮本さん(2020年6月 札幌市内にて)

 3年前にガンの一種、平滑筋肉腫(へいかつきんにくしゅ)を発症し、去年、肺に転移したため、除去する手術を受けました。

 去年10月には、東京での単独興行を敢行。多くのファンの前で有終の美を飾り、最後は別居していた妻とリングの上で復縁を果たすなど、自分の人生をさらけ出す演出でファンの涙を誘いました。

余命宣告を受け、解散後は妻とともに療養生活

 去年12月には、新根室プロレスを解散。その後は、妻と札幌市内で療養生活を送っていましたが、今年春に平滑筋肉腫が心臓に転移。

 今年9月に入って容態が急変し、11日午後1時半、病院で息を引き取りました。55歳でした。