きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"核のごみ"公開の住民説明会も紛糾…「国を信用しましょう」寿都町長に対し不安の声続々 国と対応協議へ

社会 友だち追加

 "核のごみ"の最終処分場選定の調査応募を検討している北海道後志地方の寿都町で9月10日、公開の住民説明会が開かれ、町民の不安があらわになりました。

 片岡 春雄 寿都町長:「寿都に処分場がくるという(考えを)を除いて」

 町民:「のぞけない」

 片岡 春雄 寿都町長:「国を信用しましょう」

 10日の説明会には、決められた地区の263人が参加しました。

 参加者からは寿都町が第1段階の文献調査に応募して、次の段階に進まずやめる事ができるのか、国の書類の信用性に疑問の声が上がるなど、反対意見が大半を占めました。

 片岡 春雄 寿都町長:「(町民の心配は)金が絡むと国にだまされるこの1点」

 片岡町長は町民が国が意に反して調査を進めることを危惧していることから、今後国と対応を協議する考えです。

  • みんテレ