きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

約2週間で"5件"「ナンバープレート盗難」相次ぐ 公園や月決め駐車場・住宅敷地も…連続窃盗事件で捜査

事件・事故 社会 友だち追加

連続窃盗事件として捜査する北海道警東署

 北海道札幌市東区で、駐車している車からナンバープレートが盗まれるという窃盗事件が相次ぎ、警察が注意を呼びかけています。

 ナンバープレートが盗まれる被害が確認されたのは、北海道札幌市東区の「モエレ沼公園」の駐車場で2台、北32条東5丁目の月極駐車場で1台、東苗穂15条3丁目の住宅の敷地内にあった2台のあわせて5台で、8月27日から9月9日までの間です。

 警察によりますとそれぞれの車が被害状況は以下の通りです。


・モエレ沼公園(2台):8月27日午前8時~11時30分
            同日   午前9時~午後3時 

・北32条東5丁目の月決め駐車場:8月29日午後2時30分~31日午後3時30分

・東苗穂15条3丁目の住宅敷地(2台):9月8日午後6時50分~9日午前7時
                  同日  午後6時~翌日午前7時10分

 モエレ沼公園では、日中の時間帯、東苗穂の住宅街では夜間に被害にあっていて、周囲の目が少なくなる状況を狙っているとみられます。

 警察によりますと4台は車両前部、1台は後部のナンバーが盗まれていて、中には"ぞろ目"と呼ばれる数字がそろったものも含まれていたということです。

 警察は、窃盗事件として捜査するとともに、被害防止のためにセンサーライトや防犯カメラ等の防犯機器の設置すること、車庫などの出入り口を施錠すること、盗難防止ねじでナンバーを固定することに加え、不審者を見かけたら110番通報をするよう注意を呼びかけています。