きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"核のごみ"2回目の住民説明会も不安の声相次ぐ…寿都町長「もっと丁寧な説明必要」各地区2回ずつ開催へ

社会 友だち追加

 "核のごみ"高レベル放射性廃棄物 最終処分場の選定調査への応募を巡って、北海道寿都町は住民の理解が得られていないとして、各地区で少なくとも2回ずつ説明会を行う方向で調整を進めています。

 寿都町では9月7日から7つの地区で住民説明会を始めましたが、初日の説明会では住民との議論がかみ合わず仕切り直しとなるなど、混乱が続いています。

 8日の説明会には住民など35人が出席しましたが、風評被害の心配を中心に、不安を訴える質問が相次ぎました。

 説明会終了後、片岡町長は「もっと丁寧な説明が必要だ」として、各地区で説明会を少なくとも2回行う方向で調整を進めているということです。

 片岡町長は、住民説明会で意見を聞き10月にも応募について判断するとしていましたが、決定はずれ込むことになりそうです。

  • みんテレ