きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

4-6月の営業損失が前年度比「103億円」拡大…JR北海道 "札幌圏や新幹線"でコロナ影響深刻に

道内経済 友だち追加

JR北海道本社 札幌市中央区

 JR北海道は9月9日、2020年度第一四半期(4-6月)の線区別の収支と利用状況を発表しました。新型コロナウイルスの影響で、大幅な赤字となっています。

 JR北海道によりますと、2020年度第一四半期の営業損失は約219億円にのぼり、前年度よりも約103億円拡大しました。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、外国人観光客や出張の利用が大幅に減少したことが主な原因で、営業損失が拡大した約103億円のうち半分以上の約54億円が新千歳空港とのアクセスなどが減少した札幌圏でした。

 札幌圏では、列車の減車・減便に伴う「動力費」の減少で前年度より約2億8800万円節約できたものの、運輸収入が半分以下と大幅に減少したことで約54億円営業損失が拡大しました。

 次いで、新青森と新函館北斗を結ぶ北海道新幹線も運輸収入が前年度の4分の1にとどまったことが響き、約15億円営業損失が拡大しています。

 JR北海道は、第二四半期以降はGoToトラベルや、どうみん割で減収幅を縮小していきたいとしていますが、2020年度内は引き続き見通しは厳しく、前年度と比べ200~300億円の減収が見込んでいます。

  • みんテレ