きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「生活していく金が足りなく」誰もいないはずの本堂で"ブザー" さい銭箱から1600円盗み70歳男逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

窃盗などの疑いで男を逮捕した北海道警帯広署

 寺の本堂に侵入し、さい銭箱から1600円を盗んだとして、70歳の男が逮捕されました。

 建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは、北海道帯広市に住む無職の70歳の男です。

 男は7月24日午後9時40分ころ、音更町にある寺の本堂に侵入し、さい銭箱から現金1600円を盗んだ疑いが持たれています。

 警察によりますと、この寺は本堂に入る為のドアを開けるとブザーが鳴るシステムで、人がほとんど来ない時間帯にブザーが鳴り、不審に思った寺の関係者が様子を見に行ったところ、さい銭箱の近くに男がいたということです。

 寺の関係者が男に「何しているのか」と聞いたところ、「金を盗んだ」と答えたため警察に通報。
 
 しかし当時は盗んだことを確認する防犯カメラの映像などがなく逮捕に至らず、1か月余り経った9月7日容疑が固まったため逮捕しました。

 さい銭箱は引き出し式で、鍵はかからない構造だったということです。

 調べに対し男は「生活していく金が足りなくなったため、さい銭泥棒をしてしまった」と容疑を認めていて、警察は余罪も含め調べています。