きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

原爆投下から「75年」…感染対策で規模縮小の追悼会 静かに祈り 北海道の"被爆者"昨年度20人他界

友だち追加

 広島に原爆が投下され、2020年8月6日で75年。北海道札幌市では新型コロナウイルスの感染予防対策を行いながら、被爆者の追悼会が開かれました。

 「原爆の日」の6日、札幌市中央区のホテルで開かれた原爆死没者北海道追悼会。

 新型コロナウイルスの対策で、時間を短縮、参列者の数をいつもの年の半分以下に減らしました。

 規模は小さくなったものの、参列した人たちは静かに祈りを捧げていました。

 小学1年生の時に広島で被爆した人は…

 北海道被爆者協会 眞田 保 会長:「(原爆投下時はやけどをした人から)水をくれと何度も聞きました。(核兵器は)人間が作ったものは最後は人間がなくしてほしい」

 北海道内の被爆者は2020年3月末時点で248人、高齢化が進む中2019年度は20人が亡くなりました。