きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道の天気 8/6(木) もと台風の低気圧が接近中!あすにかけて大荒れ…大雨・暴風・高波に警戒

天気 友だち追加

(吉井庸二気象予報士が解説) 正午現在

きょうも大気の不安定な状態が続きます。
特に昼過ぎは、道南に活発な雨雲がかかり、夕方にかけて札幌にもかかる予想です。
急な雷雨や竜巻、ひょうに注意をしてください。

そして、あすは、台風から変わった低気圧が北海道に近づきます。
道北を中心に大雨や暴風吹いて、大荒れの天気となりそうです。

◆雨・風のピーク
きょうは、道央や道南で夕方にかけて
一時的に雨脚の強まる時間がありそう。
あすは、明け方から雨が強まります。
特に道北は昼過ぎにかけて、雨の強い状態が続きそうです。
道北は、1日で平年の8月1か月に降る雨量を超えるおそれがあります。
また、風はあすの午後がピークとなりそうです。

◆午後の天気
・道央と道南
函館は、午後3時過ぎまでは、激しい雨にご注意ください。
札幌も午後6時前後は、雨の強まる時間がありそうです。

・道北とオホーツク海側
夕方以降、雨の降りだすところが多くなります。
あすは、宗谷・留萌を中心に大荒れとなります。
飛びやすいものは、きょうのうちにしまうようにしましょう。

・太平洋側
帯広は、きのうほどの暑さはありませんが、湿度は高く、熱中症に注意が必要です。
西部は、昼過ぎから夕方に、雨で雷を伴うおそれがあります。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あすは、午前中を中心に雨の降る所が多くなります。
宗谷地方は、一日を通して雨が降りやすく、浸水や土砂災害に警戒が必要です。
土日は雨も止んで過ごしやすくなりそうです。

・太平洋側
あすの雨は午前中が中心です。
ただ、道南は昼過ぎにかけて風が強く、高波には警戒が必要です。
月曜日は、再び広い範囲で雨が降りそうです。