きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「冷たいところで寝ていた」札幌午前4時前に27度…"寝苦しい夜"にため息 暖気流入続く 大雨も警戒

天気 友だち追加

 8月4日夜から5日朝にかけて北海道内は気温が高い状態が続き、寝苦しい夜となりました。 

 大気の状態が不安定となっているため、8月6日にかけては大雨に警戒が必要です。

 北海道の北にある低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。 

 このため北海道内は、8月4日夜から5日朝にかけ気温が下がらず、札幌市では午前4時前に"真夏の最高気温並み"の27度を観測しました。

 札幌市民:「冷たいところで寝てました。(Q:冷たいところとは?)ソファの革張りのところ」「寝苦しかった。(部屋の中は)25度くらいあった」

 また暖かい空気が流れ込んでいる影響で、大気の状態は非常に不安定となっていて、局地的に短時間に強い雨が降っています。 

 この状態は8月6日にかけて続く見込みで、気象台では「大雨による低い土地の浸水」、「河川の増水や氾濫」に警戒するよう呼びかけています。