きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

コロナ&インフル"ダブル感染"しないために…高齢者は10月から予防接種開始を 感染対策の工夫も進む

くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 まもなくやってくるインフルエンザの季節。新型コロナウイルスとの同時流行が心配され、今シーズンは特にインフルワクチンの重要性が高まっています。

 10月から始まる予防接種。十分な量は確保されているのでしょうか?

 街の人:「インフルエンザの予防接種はしておいた方が安心かと思うけど、病院に行くのはためらわれる」

 街の人:「はやり始めたらあっという間なので早めに対応したい」

 街の人:「かかりつけの病院でも、糖尿病の持病なので、持病のある人は予防接種を受けた方がいいと言われた」

 厚生労働省によると、今シーズン9月2週目までのインフルエンザ感染者の報告数はわずか7人。例年の1300分の1に過ぎません。

 新型コロナウイルスの感染防止対策がインフルエンザに功を奏したためとみられています。にもかかわらず、ワクチン接種を希望する人が増えています。

 医大前南4条内科 田中 裕士 院長:「予防接種は例年11月がピークだが、2020年は10月にピークが来ている。(例年10月は)10人いるかいないかだが、今年は200~300人の予約が入っている」 

 呼吸器が専門のこちらの医院では、ワクチン接種の時期が1か月余り早まっています。厚生労働省が、重症化しやすい高齢者などに対し、10月中の接種を勧めているためです。

 なぜ、2020年はワクチンが重要視されているのでしょうか?

ワクチンを接種することでインフルエンザと新型コロナウイルスの同時感染を防ぐことができる

 医大前南4条内科 田中 裕士 院長:「新型コロナウイルスが流行する前に、インフルエンザの抗体を体の中に作って重症化を防ぐのが今回のワクチンの目的で、例年とは違います」 

 ワクチンの接種でインフルエンザと新型コロナウイルス両方にかかるという、最悪の事態を防ぐのが理由の一つ。

 また、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザは症状がよく似ているので、発熱した患者を新型コロナ感染の前提で診察しなければならず、医療崩壊が起きかねないという理由もあります。

 高まるニーズに対し、気になるのはワクチンの量です。

 医大前南4条内科 田中 裕士 院長:「おととしとその前年がワクチン製造に失敗し、ものすごく少なかった」

 2020年は十分な量のワクチンはあるのでしょうか…。

 新型コロナウイルスとの同時流行に備え、インフルエンザワクチンは十分な量が確保されているのでしょうか?

 医大前南4条内科 田中 裕士 院長:「おととしとその前年がワクチン製造に失敗し、ものすごく少なかった。2020年は比較的に潤沢にあるということで、厚生労働省は不足しないと見ている」

 厚生労働省によると、2020年のインフルエンザワクチンの供給量は、過去最大の6000万人分。不足の恐れはないとみられています。ただ、接種のピークが前倒しになることが影響を及ぼす可能性も。

 こちらの小児科医院でもワクチン接種のピークが早まっていて、今後は一時的に予約できなくなる可能性もあるといいます。その場合、どうしたらいいのでしょうか?