きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「ダイヤモンド保管料金を…」SNSで知り合った外国の"宝石商"名乗る男から指示…女性24万円詐欺被害

事件・事故 社会 友だち追加

詐欺事件として捜査する北海道警白石署

 30代の女性が、ツイッターで知り合った外国在住の"宝石商"を名乗る男から24万円をだましとられる詐欺事件がありました。

 7月下旬ごろ、北海道札幌市白石区居住の30代女性がツイッターで知り合いやりとりをしていたアメリカ在住の"宝石商"を名乗る男性から「日本にダイヤモンドを送らなければならない。海外の外交官にダイヤモンドを保管してもらっている。保管料金としてお金を振り込まないといけない。代わりに振り込んで欲しい」などという、指示を受けました。

 女性は7月29日に指定された銀行口座に現金24万円を振り込み、現金をだまし取られたということです。

 女性はその後再度30数万円を振り込むよう要求され、8月3日に警察に相談し詐欺が発覚しました。

 警察によりますと、女性は5月にツイッターのダイレクトメッセージで「君のこと見たけどやりとりしない?」と男から連絡を受け、やりとりを続けていました。
 
 警察は恋人のように振る舞い送金させる振り込め詐欺の一種とみて捜査を進めるとともに、SNSで知り合った相手から現金を要求された場合は詐欺を疑い、警察に相談するよう呼びかけています。