きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

箱わなでヒグマ捕獲はしたけれど"今後の対応"は未定…「発砲しない方針」の猟友会 もらい手さがし難航か

事件・事故 社会 友だち追加

 7月30日、北海道砂川市の養鶏場でクマが捕獲されました。砂川市は駆除をせずに引き受け先を探す方向で調整を続けています。

 荒川 健太郎 記者:「連日養鶏場に出没していたクマでしょうか…。激しい息づかいが聞こえます」

 7月30日午後9時ごろ、北海道砂川市一の沢の養鶏場で箱わなに捕獲されたクマ。

 体長約1.8メートル。連日養鶏場付近を荒らしていたクマとみられます。

 一夜明け、役場職員が人が近づかないよう巡回していますが、"クマの今後"については決まっていません。

 市民:「本当は駆除したくない。何とか引き取り手が見つかってくれたり、対応策がみつかってくれればいいけど」

 砂川市では2年前、クマを駆除したハンターが銃の所持許可を取り消されています。

 砂川市は、現在「クマのもらい手」をさがしていますが、調整が難航しています。