きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「モー逃げない?」牛"約40頭"国道へ大脱走…車で追い立て約12時間後ようやく牛舎へ ゲート壊し外に

友だち追加

 国道を占拠する集団。牛の群れでした。7月27日夜、紋別市の牧場から牛が逃げ出し国道をふさいだため、警察が出動する騒ぎとなりました。牛の脱走劇は約12時間にわたりました。

 車に追い立てられ、牛舎に戻るよう促される3頭の牛…。

 なかなか言う事を聞かず、トラクターも加わります。

 この牛が逃げだしたのは、紋別市の育成牧場です。

 27日午後8時30分すぎ、紋別市の国道239号線に「10数頭の牛がいる」と通行人から110番通報がありました。

 牧場によりますと約40頭の牛が脱走し、牧場から半径2キロの範囲に散らばったということです。

 牧場の職員は夜通しで牛を探し、嫌がる牛を牛舎に誘導しました。

 牧場職員:「入った!」

 苦労を重ね、脱走から約12時間。28日の午前8時、やっと全部の牛は牛舎に戻りました。

 牛にけがはありませんでした。

 牧場によりますと、脱走した牛はほとんどが生後5か月ほどの子牛で、走り回っていたため牛舎に戻すのに時間がかかったということです。

 調べたところ牧場のゲートの鉄パイプが曲がっていたことから、キツネやシカなどの動物に驚いて鉄パイプを押しのけ逃げたとみられています。