きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"ウォルト"に続き"ウーバーイーツ"も札幌に進出…「自転車宅配」サービス競争激化へ スマホで簡単注文

道内経済 友だち追加

 料理の宅配サービスの競争が激化しそうです。7月28日から北海道札幌市内で、ウーバーイーツがサービスを開始しました。すでに進出しているウォルトと何が違うのでしょうか?比べてみました。

 遠藤 まさし:「フードデリバリーサービスの黒船、ウーバーイーツがいよいよ北海道初上陸です。きょうから札幌で始まりました」  

 2015年カナダでスタートし、現在45以上の国と地域で展開するウーバーイーツ。好きな料理をスマホで簡単に注文できる出前サービスとして、日本には2016年東京に上陸。今回ついに北海道でサービスが始まりました。

 Uber Japan 武藤 友木子さん:「もっと早く北海道に来たかったんですが、雪の中を自転車で行くのは難易度が高かった。(2020年)10月以降自動車で配達する配送業者とのパートナーシップができた。それで、満を持してやっと北海道に進出できた」

 札幌では現在200以上の店舗が登録されています。料理を届けるのは配達パートナーとして登録している一般の人。

 配達を受け付けているエリアは札幌市中央区、白石区、東区、北区の一部です。

 配達パートナー:「(Q:配達はどこでもしてもらえるんですか?)エリア内であればどこでも大丈夫です」

 自宅やオフィスはもちろん、エリア内であれば屋外でも受け取ることができるんです。

 遠藤 まさし :「エリア内であればどこでもということなので、大通公園で注文してみます」

 注文する際、届け先を指定します。今回は大通公園の西3丁目、噴水近くにしました。スープカレー店「スアゲ」の角煮カレーを注文。細かい場所はメッセージや電話などで伝えることもできます。

 遠藤 まさし :「配達員の名前も出るんですね。親しみがわきますね」 

 配達状況や到着予定はリアルタイムで確認することができます。そして、待つこと40分。

 「ウーバーイーツの配達員さんが自転車に乗って入ってきましたよ。上下青の私を探して…。ウーバーイーツの…ありがとうございます。あったかい。suage+の角煮カレー…うーん、美味しい!」

 こちらは6月札幌でサービスを開始したウォルト。フィンランド発祥で主にヨーロッパを中心に展開しています。日本では2020年3月の広島に次いで2番目の都市として札幌でスタート。最近、街中でこの水色のユニフォームを着た人をよく見かけるようになりましたよね。

 ウォルトに登録しているスープカレー店奥芝商店では…。

 奥芝商店 吉川 空さん:「注文数は1日少ない日でも10件、多い日には20~30件。注文はたくさんもらってます」

 ウォルトには現在約150店舗が登録しています。携帯電話のアプリかパソコンから注文。配達は業務委託契約をした配達パートナーが行います。

 新型コロナウイルスの感染予防などで人と接したくないという場合には、自宅前に商品を置く「置き配」も選択できます。実際にUHBに配達してもらいました。

 千須和 侑里子 アナウンサー:「このBLTサンドイッチ、美味しそう!スライドして注文完了。はい!これで注文が完了しましたね。25分から35分でお届け」

 注文したのは、シタッテサッポロに入るカフェブルー。注文を確認すると調理を開始。届く間にも状況を確認することができます。

 千須和 侑里子 アナウンサー:「来ました来ました。ありがとうございます。美味しそう。この美味しいサンドイッチをわざわざ街まで買いに行かなくても食べられるのはいいですね」

 お気に入りの店の料理を気軽に頼めるフードデリバリーサービス。競争が激化しそうです。