きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

左を気にしていて…「前を向くと車あり急ブレーキ踏んだ」路線バス乗客2人"手すりや座席"にぶつかり負傷

事件・事故 社会 友だち追加

 7月28日朝北海道函館市の道道で、路線バスが急ブレーキをかけ、乗客の女性2人が手すりや座席にぶつかりました。

 運転手は前をよく見ていなかったと話しています。 

 事故があったのは北海道函館市本町の道道で、7月28日午前8時30分ごろ、路線バスの男性運転手が前方に停車していた車に衝突しそうになり、急ブレーキをかけました。

 バスには11人の乗客が乗っていて、このうち30代の女性が手すりに顔をぶつけたほか、60代の女性が座席に胸を打ちつけるなどしました。

 警察によりますと、50歳の男性運転手は、「左側から車が来ないか気にしていた。前を向くと車があり急ブレーキを踏んだ」と話しています。

 警察は事故の状況を詳しく調べています。