きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

感染拡大続く札幌 また飲食店に「時短営業」要請か…"まん延防止"適用で生活に影響も

社会 友だち追加

 全国では感染拡大に歯止めがかかりません。

 4月20日から神奈川・埼玉・千葉・愛知の4県で「まん延防止等重点措置」が適用され、北海道は対象地域への往来の自粛を呼びかけています。

 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大で、20日から新たに4県が適用となった「まん延防止等重点措置」。期間は5月11日までで、対象地域は10都府県に拡大されました。

 北海道が対象地域との不要不急の往来を自粛するよう、道民に呼び掛ける一方、仕事などで移動を余儀なくされる人からは不安の声も…。

 東京に行く人:「転勤で引っ越しになる。もし(コロナに)感染したら家族と離れているので不安」

 東京に行く人:「(コロナが)いつ終わるかわからないけど、自分でできる対策をとってやっていこうと思う」

 北海道内では20日、新型コロナウイルスの患者4人の死亡が確認されたほか、新たに札幌で78人、旭川で17人など合わせて106人の感染が確認されています。

 また「変異ウイルスの感染疑い」の患者は41人で、このうち30人が札幌です。

 札幌では、6日連続で新規感染者が70人を上回り、感染の再拡大が懸念されています。

 これを受け札幌市は市内全域の飲食店に対し、「営業時間の短縮要請」や、大型連休を前に人が集まる「公共施設の使用制限」なども検討しています。北海道は札幌との往来自粛の呼びかけを強める方針です。

札幌市は「まん延防止等重点措置」を北海道に要請する基準を超えている

 人口10万人あたりの1週間平均の新規感染者数は、「まん延防止等重点措置」を札幌が北海道に要請する基準「25人」は超えているものの、北海道が国に要請する基準「15人」は下回っています。

 このまま札幌の感染が拡大すると、北海道の基準も上回る可能性があります。

大阪は飲食店などへ時短要請やカラオケ利用の自粛を呼びかけ

 一足早く「まん延防止等重点措置」が適用された大阪の対策は、全域の外出自粛、府外への往来自粛、4人以下でのマスク会食の徹底の呼びかけがされています。

【大阪市内の飲食店などへの要請内容】
・午後8時までの時間短縮営業
・カラオケは利用自粛
・マスク対策をしない人の入場禁止

大阪では学校生活にも再び影響が…

【大阪の学校や職場への要請内容】
・大学 :オンライン授業
・小中高:部活動は休止
・出勤 :7割減でテレワーク

 大阪は20日、国に緊急事態宣言の要請をしています。生活への大きな影響も考えられる事態を避けるため、一人ひとりの感染対策の徹底が必要です。

  • みんテレ