きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「コロナ禍再開レースでいい走りでき良かった」女子3000メートル 18年ぶり"日本新記録" 田中希実

エンタメ・スポーツ 友だち追加

女子3000メートルで日本記録を樹立した田中希実 北海道深川市 2020年7月8日

 陸上のホクレン・ディスタンスチャレンジ第2戦が7月8日北海道深川市で行われ、女子3000メートルで8分41秒35の日本新記録が誕生しました。

 新記録を樹立したのは兵庫県出身の大学生、田中希実(豊田自動織機TC、20歳)で、福士加代子(ワコール)が2002年に記録した8分44秒40を18年ぶりに更新しました。

 田中は7月4日の士別大会の女子1500メートルでも日本歴代2位の好記録をマークしていて、「コロナで大変な中、再開した試合で良い走りができたのは良かった。日本記録は狙っていたが、うれしいというよりホッとした気持ち」。

 「コロナの影響で様々な大会が中止や延期になり、具体的にこの大会でこの順位という目標は難しいが2020年に出すべきはずだった力を数少ない機会に発揮していきたい」と話しました。

 好記録を連発し"日本陸上界のホープ"と注目を集める田中は北海道とも縁があり、母親の千洋さんは北海道マラソンで2度の優勝(1997年、2003年)を果たしたマラソンランナー。

 2021年に延期された東京五輪はトラック種目での出場を目指しますが将来、マラソンを走る姿が見られるかもしれません。

 深川大会には、東京五輪マラソン代表に内定している男子の中村匠吾(富士通)や女子の前田穂南(天満屋)、一山麻緒(ワコール)も出場しました。

 女子1万メートルで31分34秒94と自己記録を大幅に更新した前田は「(2017年の北海道マラソンはじめ)北海道ではいつも良い走りができていると思っている、いつも応援ありがとうございます」と日本陸上競技連盟が実施している映像配信を通じてコメント。会場が札幌に変更になった東京五輪もプラスととらえている様子でした。