きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"北方領土"念頭…「領土損なう行為は過激主義」 憲法改正のロシアが取締法案提出 日露交渉さらに難航

政治 友だち追加

領土割譲にからむ運動を取り締まる法案が提出されたロシア議会下院(ロシア議会下院提供)

 日露領土交渉が暗礁に乗り上げる中、他国への領土引き渡し禁止を含む改正憲法を発効したロシアが、具体的な法整備に乗り出しました。

 7月4日の改正憲法発効を受け、領土割譲にからむ運動を取り締まる法案が8日、ロシア議会下院に提出されました。「領土を損なう行為は過激主義」とし、最高で禁錮10年などの罰則が盛り込まれています。

 議会上下院は与党が大半を占めているため、法案は7月末にも通過する見通し。

 憲法改正や法整備はロシアが実効支配している北方領土を念頭に置いているとみられ、領土交渉は難航を極めています。