きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「津波浸水どこまで?」千島・日本海溝沿いで巨大地震が起きたら…20メートル超も 年度内に想定まとめへ

天気 友だち追加

 国が北海道でマグニチュード9クラスの巨大地震が発生した場合、最大で28メートルの津波が到来するとの想定を公表したことを受け、北海道は新たな「浸水想定図」作りへ向けての取り組みを始めました。

 7月7日開かれた北海道の防災会議には、地質研究の専門家などが集まり、千島・日本海溝沿いで巨大地震が起きた場合、どこまで津波が到達するかについて議論を始めました。

 国が4月に公表した想定では、日高のえりも町で27.9m、根室市の沿岸で最大20mを超える津波が、地震発生から30分から40分で来るとしています。

 北海道は太平洋側の38市町村の浸水想定を2020年度中にまとめることにしていて、結果は市町村の防災計画にも役立てられます。