きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「北海道のファンの熱い応援を受けてプレーしたい」レバンガ4シーズン在籍 帰ってきた"牧全"選手が決意

エンタメ・スポーツ 友だち追加

入団会見に臨む レバンガ北海道 牧 全 選手

 Bリーグ2020-21シーズン、レバンガ北海道に加入が決まった牧全選手(28)が、7月3日北海道札幌市内で契約会見を行いました。

 牧選手は、愛知県出身で母親がアメリカ国籍。中学卒業後に渡米しソノマ州立大学を卒業後、2015年にレバンガ北海道に入団。ルーキーシーズンから4シーズン北海道でプレーをしました。

 在籍中はたび重なるケガに泣いた牧選手。左前十字靭帯損傷の大ケガを経験するなど不完全燃焼のシーズンが多くありました。

 契約会見で牧選手は、「北海道のファンの熱い景色が見たいなと思いました。単純に北海道が大好きです。バスケットボールチーム以外にも、いろいろ関わりがあったので、人も大好きですし、この北海道・札幌の街が本当に好きです。折茂さん含め、桜井良太さんやお世話になっている先輩がいて、そのチームで再びプレーができる機会をもらえて嬉しい」と北海道への思いを口にしました。

 いま不安は一切ないといい、「昨季横浜でプレーした1シーズン、ケガもなかったですし、もう1回ゼロから学生時代の気持ちを探りだして、本当にバスケットボールと向き合ったシーズンになった。それを北海道でいかしていければ」と古巣での活躍を誓いました。