きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

休業要請応じた「昼カラ」店に"20万円"の協力金支給へ…コロナ感染相次ぐ小樽市 対策した店にも支援金

道内経済 くらし・医療 友だち追加

 日中に飲食店でカラオケを楽しむいわゆる「昼カラ」店で感染が拡大している問題で、北海道小樽市は休業要請に応じた店に「協力金20万円」を支給する方針を固めました。

 小樽市では3つの「昼カラ」店でクラスターが発生し感染者が相次いでいて、小樽市は市内の「昼カラ」店に営業自粛を要請するとともに、協力金を支給する考えを示していました。

 小樽市によりますと、7月4日から31日まで休業した店に対し20万円の協力金を支給する方針だということです。

 対象は小樽市内30店舗程度とみられています。

 また、換気や仕切りといった"感染対策"に取り組んだ飲食店に対しても、支援金を支給する方針で、7月2日午後にも正式に発表する予定です。