きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「昼カラ」小樽市で新型コロナ14人感染 市内のクラスター3か所に… 事実上の"緊急事態宣言"

くらし・医療 友だち追加

 新型コロナウイルスの感染が拡大している北海道小樽市で、6月28日、「昼カラ」関連で、新たに14人の感染が確認されました。

 小樽市は、事実上の緊急事態宣言を出し、感染拡大防止に協力を求めています。

【迫 小樽市長】「小樽市の状況は緊急事態宣言下と同程度の状況にある大変強い危機感を抱いている」

 28日の会見で、小樽市の迫市長はこう述べ、小樽市に事実上の緊急事態宣言を出し、本格的な対策を始めました。

 小樽市では28日、新たに、60歳から80歳の男女11人と、年齢性別非公表の、3人の感染が確認され、いずれも日中にカラオケをする、「昼カラ」の営業をしている、飲食店の利用者です。

 小樽市内で1日に、2桁の感染者が確認されるのは初めてで、小樽市によりますと、いずれも症状は、軽いということです。

 「昼カラ」関連では、小樽市内の3つの飲食店で、クラスター、集団感染が発生していて、これまでに33人の感染が確認されています。

 小樽市ではこのうち、花園町の飲食店「カレン」で、利用者が追跡できない状態になっているため、店名を公表し、6月1日以降に来店した利用者に対し、保健所などに連絡するよう、呼びかけています。

 市内で感染者が急増していることを受け、小樽市は、飲食店に「昼カラ」の営業自粛を呼びかけるなど、本格的な感染拡大防止対策を始めました。