きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

北海道新幹線トンネル工事土砂受け入れ 3カ所目の候補地で住民説明会 住民から反対の声 札幌市

社会 友だち追加

 北海道新幹線のトンネル工事で出る、土砂の受け入れをめぐり、新たな候補地となった札幌の手稲山口地区で、27日、住民説明会が開かれました。

 新幹線のトンネル工事で出る土砂には、重金属やヒ素などを含む、要対策土が出ると見込まれ、受け入れ場所の確保が課題となっています。

 3カ所目となる新たな候補地は、ごみ処理場の市有地で、説明会では安全対策の具体的な内容が説明されましたが、住民からは反対の声が相次ぎました。


 住民「農業地帯なのでヒ素などいろんな物質が出てきたときに飛散する」

 「どうにか、この地域は守っていきたい」

 札幌市は、7月から現地調査に入るということです。