きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

6月30日で終了"キャッシュレス決済"ポイント還元制度…「高額決済は6月中に」店側の不安は手数料変更

道内経済 コラム・特集 友だち追加

ポイント還元によってキャッシュレス決済増加「6割」

 電子マネーなど現金を使わない決済をすると、最大5パーセント割引されるサービスが6月いっぱいで終了します。暮らしにどんな影響が出るのでしょうか?

 2019年10月、消費税率引き上げに合わせて導入されたキャッシュレス決済のポイント還元制度。中小の店舗では5パーセント、コンビニなどのフランチャイズ店では2パーセントが還元されます。

 北海道内約5万4000店舗、全国では約115万店舗が対象で、3530億円あまりが還元されました。この制度が6月いっぱいで終了します。

 北海道民:「そうなんですか?全然知らなかった」「少しでも戻ってくるのはいいが、永遠に続くとは思っていない」「なくなるのは嫌だけど仕方がない」「(使える期間が長ければ長いほどいいけど」

 金融サービス会社の調査では、2019年10月に制度が導入されて以降、キャッシュレス決済がそれまでより増えたという人が6割を超えました。

「手数料が…」負担は増えどもコロナ禍で継続せざるを得ない面も

事業者がクレジット会社や電子マネー運営会社に支払う手数料が増える=負担に

 割引のお得感の他、新型コロナウイルスの影響でネット通販の利用が増えたり、現金を触りたくないという人が増えたりした背景もありそうです。

 制度の終了でどんな影響があるのでしょうか?

 チャイナパーク 吉原 努さん:「(キャッシュレス決済は)しばらく様子を見てから」

 ポイント還元制度の終了とともにキャッシュレス決済を続けるか悩む店舗が…。定着しつつあるキャッシュレス決済に一体何が起きているのでしょうか。

 札幌のオフィス街で40年、中華料理店を営む吉原努さん。ポイント還元制度で客が呼び込めるのではとキャッシュレス決済を導入しました。しかし、思い描いた通りにはなりませんでした。

 チャイナパーク 吉原 努さん:「キャッシュレス決済を導入したから客が来たかというと何とも言えない」

 ポイント還元制度の終了に伴い、吉原さんは今後もキャッシュレス決済を続けるか迷っています。

 チャイナパーク 吉原 努さん:「手数料が負担になったら(キャッシュレス決済をやめるか)考える」

 キャッシュレス決済を行うには、店がクレジットカード会社や電子マネーの運営会社に手数料を支払わなければなりません。ポイント還元制度の導入期間中は手数料は低く抑えられていましたが、終了後はこれが上がるとみられているのです。

 チャイナパーク 吉原 努さん:「新型コロナの影響で現金よりキャッシュレスの方が安全。続けるしかない」

「大きな買い物は6月中に」ファイナンシャルプランナーに聞くポイント還元の駆け込み利用

高価な買い物は6月中にしておくとお得

 6月30日で終わるポイント還元制度。残された期間を有効に使うためにはどうしたらいいのでしょうか?ファイナンシャルプランナーの須藤臣さんに聞きました。

 ファイナンシャルプランナー 須藤 臣さん:「金額の高いもので近々買おうと思っているものは、6月中に(キャッシュレスで)買った方がお得です」

 たとえば定額給付金の10万円で買い物をする場合、5パーセントの還元だと5000円の割引になります。大きな買い物は6月中にキャッシュレスで済ませるのが お得なようです。