きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

海開きした「おたるドリームビーチ」海水浴場で覚えていてほしい…津波警報発表されたら”津波フラッグ”

友だち追加

 6月22日、北海道小樽市のおたるドリームビーチで海開きが行われました。海水浴場に行く際には、2020年から導入された命を守る津波フラッグを覚えておいてください。

 6月22日は、時折雨が降るあいにくの天気となりましたが、小樽市のおたるドリームビーチでは道内のトップを切って海開きしました。

 小樽市は、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにも大人数でバーベキューを囲むなど多くの人と密接になる状況を避けるよう呼び掛けています。

 そして2020年、海水浴場に行く際に自分の命を守るためにも覚えておいてほしいことがあるんです。

 それが、この赤と白の格子模様の旗です。

 小樽ライフセービングクラブ・大平拓司さん:「通称、津波フラッグといわれているものです。津波警報が発表されたら我々が皆さん遊泳者に注意喚起をする旗になります」

 津波フラッグは2020年度から全国的に導入が決まった旗で、聴覚障害のほか、波や風で、音が聞き取りにくい遊泳中でも視覚的に津波警報などの情報を伝えることが出来ます。

 小樽ライフセービングクラブ・大平拓司さん:「この旗を見たら、いち早く海へ上がっていただいて、安全な高台の方に避難していただきたい」