きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"学校にも悩み相談していた"…中学1年男子生徒死亡 市教委 第三者委員会設置へ 「いじめ有無」を調査

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道登別市で6月22日に死亡し、自殺とみられている中学1年生の男子生徒は、学校にも悩みを相談していたことが分かりました。

 登別市教育委員会は経緯を調べるため、「第三者委員会」を設置します。

 6月22日死亡し、自殺とみられている北海道登別市立鷲別中学校の1年生、工藤虎太郎さん(13)。 

 母親によりますと、工藤さんのスマートフォンには、所属する運動部の部員から"筋トレを強要されるやりとり"などがありました。 

 母親はこうしたことからいじめがあったと訴えていて、学校は部員から聞き取りを行ったということです。 

 また学校には入学以降、工藤さんから悩みの相談があったということで、登別市教育委員会が近く設置する「第三者委員会」はいじめの有無のほか、こうした学校の対応についても調べることにしています。