きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「ビールを飲んでしまった」"釣り帰り"に…19キロオーバー&酒気帯びも発覚 40歳タクシー運転手逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

道路交通法違反の現行犯で40歳男を逮捕した北海道警伊達署

 酒を飲んで乗用車を運転したうえ、スピード違反をしたとして40歳のタクシー運転手の男が逮捕されました。

 酒気帯び運転と速度超過の道路交通法違反の現行犯で逮捕されたのは、北海道壮瞥町に住むタクシー運転手の40歳の男です。

 男は6月24日午後9時20分ごろ、洞爺湖町の国道を酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転し、指定速度50キロのところを19キロ超える時速69キロで走行。取り締まり中のパトカーが確認し、現行犯逮捕しました。

 警察が男から事情を聞く中で酒のにおいがしたため調べたところ、男の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されました。

 警察によりますと車には男と友人の男性の2人が乗っていて、調べに対し「ビールを飲んでしまった」と容疑を認めているということです。

 男は友人と釣りへ行き一緒に帰る途中だったと話していて、警察は同乗していた友人の男性も飲酒の事実を知っていたかなども含め詳しく調べています。