きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

小樽市で新たにコロナ6人 "昼カラ"クラスター感染者と全員濃厚接触歴あり…別の店の経営者ら2人も感染

くらし・医療 友だち追加

 小樽市で6月25日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに6人確認されました。小樽市では24日に飲食店での昼カラによる集団感染・クラスターが確認されていて、6人ともその濃厚接触者にあたるということです。

 迫俊哉小樽市長:「きのう公表した日中にカラオケを利用していた濃厚接触者の検査を行った結果、新たに陽性が確認された」

 小樽市で新たに感染が確認されたのは、60代から70代の男女など、合わせて6人です。

 24日に市内飲食店で発生した、高齢者が日中にカラオケを楽しむ「昼カラ」によるクラスターは、新たに1人が加わり、計9人となりました。

 新たに確認された6人は全て24日に確認された感染者との濃厚接触者にあたります。うち2人は別の飲食店の経営者で、60代の女性が客として訪れていたということです。

 迫俊哉小樽市長:「濃厚接触者の範囲がひろくなり、今後も新たな感染者の発生が予想されると危惧している」

 一方24日に確認された9人の感染者のうち、2人が銭函市民センターを利用していたことがわかり、市は利用者の特定を急いでいます。

 新崎真倫記者:「防護服の作業員による消毒作業が行われています」

 クラスターが発生している小樽市内の飲食店は現在も休業していて、25日はビルの共用部分などの消毒作業が行われました。

 一方、札幌市も小樽市の感染者と濃厚接触していた人が札幌市内にいる可能性があるとして調査していますが、25日の感染確認はありませんでした。

 25日の感染確認は小樽市の6人だけで、道内の感染者は延べ1216人となりました。