きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

"雨で服が濡れて冷えた" 畑仕事中に一休み…「6月」に点火したストーブから空き家炎上へ 女性2人負傷

事件・事故 社会 友だち追加

出火した状況などを調べる北海道警岩見沢署

 北海道岩見沢市の空き家が燃える火事があり、女性2人がやけどし、病院に運ばれました。

 火事があったのは、北海道岩見沢市西川町の木造2階建ての空き家です。

 6月25日午後1時30分ごろ、空き家を所有する70代の女性から「家が燃えている」と110番通報がありました。

 消防車10台が出動し、火は約1時間30分後に消し止められましたが、この火事で女性と友人の60代女性の2人がやけどを負い病院に搬送されました。意識はあるということです。

 他の建物への延焼はありません。

 警察によりますと、2人は午前中から畑仕事をしていて、雨が降り服が濡れて寒くなったため、空き家でポータブルストーブをつけたところ、火が空き家に燃え移ったということです。

 当時岩見沢市の気温は16度ほどで、平年の平均気温17.2度と大きな差はありませんでしたが、時折雨が降っていたとみられています。

 警察と消防が詳しく調べています。