きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

小樽市"昼カラ"新たに9人「熱あるまま利用した人も」クラスター認定 札幌の感染者との濃厚接触も調査へ

友だち追加

UHB 北海道文化放送

 北海道小樽市で新型コロナウイルスに新たに9人が感染したことが確認されました。9人は主に高齢者が日中にカラオケをする「昼カラ」の関係者でした。

 迫 俊哉 小樽市長:「9人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。日中にカラオケを利用されていた方々とその家族などであります」

 小樽市によりますと感染が確認されたのは、いずれも小樽市に住む60代から80代の男女5人と、年齢など非公表の4人の合わせて9人です。

 9人はいずれも軽症か無症状で、主に高齢者が日中に飲食店でカラオケを楽しむいわゆる「昼カラ」の利用客と、その家族、経営者だということです。

 このうち利用客の7人は同じカラオケサークルに入っていて、小樽市はこの飲食店で小規模な集団感染、クラスターが発生したと認定し、対応を始めました。

 小樽市の担当者:「解熱して平熱に戻って利用している人もいたし、熱があるまま利用していた人もいた」

 新崎 真倫 記者:「今回クラスターが発生した店では週に1度カラオケサークルが開かれていて、かなり人が集まり混み合うこともあったと言います」

 クラスターが発生した飲食店がある花園地区には、「昼カラ」が行える店が何軒も軒を連ねています。

 感染予防策を徹底して営業している別の店では…

カラオケ喫茶 花美人 安井 啓子さん:「影響あるかもしれないけど、うちは固定客が多い。うちしか来ないという人が多いからその点大丈夫だと思う」

 一方、札幌市は小樽市の感染者と濃厚接触した人が札幌市内にいる可能性があるとして、小樽市と連携して調査を行うとしています。

 札幌市では6月24日、70代の男性1人が死亡し、新たに70代女性の感染が確認されています。

 これで道内の死者は98人、感染者は延べ1210人となりました。