きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「仕事帰りで居眠りしていた」早朝乗用車が…中央分離帯乗り上げ街路灯なぎ倒して"横転" 20代男性軽傷

事件・事故 社会 友だち追加

 6月23日、北海道札幌市北区の市道で、中央分離帯に乗り上げた乗用車が街路灯をなぎ倒し、横転する事故がありました。

 交差点近くでひっくり返った乗用車。 

 中央分離帯の街路灯も倒れ、警察官が通行を規制し、通勤ラッシュと重なった周辺は混雑していました。 

 事故があったのは、札幌市北区屯田6条11丁目の交差点です。 

 6月23日午前5時30分ごろ、乗用車が中央分離帯に乗り上げて街路灯をなぎ倒し、横転しました。 

 ほかの車や人は巻き込まれませんでしたが、この事故で乗用車を運転していた20代の男性が軽いケガをしました。 

 調べに対し男性は「仕事帰りで居眠りをしていた」などと話しているということで、警察で事故の経緯を詳しく調べています。