きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「金が欲しくて」長靴などの備品33足リサイクルショップへ売却…社員が発見 "発注担当"40歳係長逮捕

事件・事故 社会 友だち追加

会社備品を横領したとして男を逮捕した北海道警室蘭署

 勤務する会社の長靴や安全靴などの備品をリサイクルショップに売却し横領していたとして、40歳の男が逮捕されました。

 業務上横領の疑いで逮捕されたのは、北海道室蘭市の40歳の会社員の男です。

 男は2019年6月21日から2020年6月1日までの間、自らが勤務する会社内で保管中だった長靴や安全靴など計33足(時価計約16万円)を持ち出して室蘭市内のリサイクルショップに売却し、横領していた疑いが持たれています。

 男は会社に保管されていた備品や余っていた備品の売却を繰り返していたことで、数万円を不当に手に入れていたものとみられています。

 警察などによりますと、男は会社では安全管理部門を担当する係長で、長靴など備品を管理する立場として自らも発注などを担っていました。

 男の在籍する会社によりますと5月初旬ごろ、会社で普段使用している備品が室蘭市内のリサイクルショップで多数販売されているのを別の社員が偶然発見。その後内部で調査するとともに警察へ相談していたということです。

 調べに対し男は容疑を認めていて、「金が欲しくてやった」などと容疑を認めているということです。