きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

犯行時間はわずか6分…切断器具は"グラインダー" 自販機荒らし男逮捕「生活費のため…30件はやった」

事件・事故 社会 友だち追加

男を逮捕した北海道警苫小牧署

 自動販売機から現金などを盗んだ疑いで34歳の男が逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは札幌市白石区の建設業の34歳の男です。

 男は4月30日午前1時18分ごろから24分ごろまでのわずか6分間に、苫小牧市拓勇西町のアパートの敷地内に設置された自動販売機から現金約5万円と現金を収納する箱など時価3500円相当を盗んだ疑いがもたれています。

 男は自販機のロックをグラインダーと呼ばれる電気工具を使って切断し、扉をこじ開ける手口で犯行に及んでいました。

 警察は男を逮捕した経緯については明らかにしていません。

 調べに対し男は「生活費のため、盗んだ」と容疑を認めていて、「苫小牧や札幌市合わせて30件はやった」と話しているということです。

 札幌市やその近郊では同じような手口による犯行が過去5年で320件も発生していて、 警察は男の余罪を追及する方針です。