きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

「狙ってる」一歩間違えば追突…約3キロにわたる危険極まりない"あおり運転"一部始終 ピースサインも

事件・事故 社会 友だち追加

 6月30日に施行される改正道路交通法で「あおり運転」が厳罰化されますが、依然悪質なドライバーは後を絶ちません。

 6月北海道札幌市内で約3キロにわたって続いたあおり運転。その一部始終です。

 撮影者:「すごいね」

 6月6日、北海道札幌市内で撮影された映像。前を走る白い軽乗用車が信号もない道の真ん中でブレーキをかけているのがわかります。さらに…

 撮影者:「こっち(左車線)いったら、こっち来そうじゃない?狙ってる狙ってる」

 撮影者の車が車線を変更すると、前をふさぐように白い軽乗用車も左車線へ。

 その後、まっすぐな下り坂を進み続ける軽乗用車。カーブへさしかかった次の瞬間…

「キキーッ」

 いきなりブレーキをかけ急停車一歩間違えば追突してしまうところでした。

 その後、赤信号になり軽乗用車の横に車を止めると・・・・

 なんと運転手の男はピースサイン。さらに少し車を前に出し、挑発するかのようにもう一度ピースサイン…

 信号が青に変わり発車すると、軽乗用車は撮影者の車の後ろにつき、車間距離を詰めて後を追ってきました。

 撮影者:「カーチェイスじゃないですけど、一人で暴走している感じですね。ちょっと普通じゃないなっていうのはありました」

 撮影者があおり運転を受ける前にも、他の車に対してあおり運転を行っていたという白い軽乗用車。

 信号で撮影者の車が軽乗用車の後ろに停車すると、そこからあおり運転が始まったといいます。

 撮影者:「青信号になっても発進しなくて通行を妨げていて、発進しないのはちょっとおかしいよねって。ドライブレコーダーがついていなかったので、身を守るために撮ったという感じですね」

 撮影者によりますと、軽乗用車のあおり運転は約3キロにわたって続いたということです。