きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

登山道を横切る2メートルのクマに遭遇…沢へ"猛スピード"で走り抜ける 警戒続く

事件・事故 社会 友だち追加

警戒を呼びかける北海道警浦河署

 5月30日午後、北海道様似町のアポイ岳で登山中の男性が、登山道を横断するクマを目撃しました。現場では猟友会のハンターらが警戒に当たってます。

 クマが目撃されたのは、北海道様似町にあるアポイ岳の登山道です。

 警察とアポイ岳ジオパークビジターセンターによりますと、30日午後1時10分ごろ、男性が一人で下山していたところ、約30メートル先の登山道を横切る1頭のクマを目撃しました。

 熊の大きさは約2メートルあり、沢に向かってものすごい勢いで走り抜けたということです。男性にけがはありませんでした。

 現場付近では様似町役場の職員と猟友会のハンターらが警戒にあたるほか、看板を設置するなど登山客へ注意を呼び掛けています。

 また午後1時30分ごろ、アポイ岳から約4キロ離れたピンネシリ岳の登山道でも体長約2メートルのクマが山林で目撃されるなど、熊の出没が相次いでいます。