きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

MENU CLOSE

【コロナといのちの選別 感染で隔絶された人々】"現場医師"「絶望的でどうしたらいいか分からなかった」

くらし・医療 コラム・特集 友だち追加

 新型コロナウイルスの第2波に見舞われた北海道で、最大のクラスター(集団感染)となった札幌の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」。90人以上が感染し、入所者11人が施設内で死亡しました。施設内で何があったのかを3回にわたり描きます。

 1回目は「絶望的でどうしたらいいのか分からなかった」と語る医師の証言です。


【札幌市の会見 4月28日】
 札幌市保健所 山口 亮 部長:「介護老人保健施設茨戸アカシアハイツにおいて、新型コロナウイルス感染症の集団感染事例が確認されましたのでお知らせいたします。新たな患者は15人の発生がありました」

 増え続ける感染者。

【別の日の会見】
 札幌市保健所:「これまで50人です」

 入所者と職員90人以上が集団感染した北海道内最大のクラスター。

 茨戸アカシアハイツ。
 
 感染した入所者は当初、病院に運ばれず施設内に留め置かれました。

 施設関係者:「みんなが軽症じゃなく、重篤の方もいましたよ」「ご飯だって今、1日2食になって…」

 感染した11人は家族に会うこともできず、施設の中で息を引き取りました。

 残された遺族は…
 遺族:「見殺しにされたような、そんな気持ちです」「まさに命の選別じゃないですか」

 現場に支援に入った医師が見たものとは?

 支援に入った医師:「ちょっと絶望的でどうしたらいいのかわからず、めまいと息苦しさで動けなくなった」

 感染で隔絶された茨戸アカシアハイツ。何が起きたのか、その真相に迫りました。

【北海道庁 5月25日】
 鈴木直道北海道知事:「緊急事態宣言が解除されたとしても、新型コロナウイルスがゼロになるわけではありません。この戦いは当然続く」

 私たちの暮らしを突然襲った新型コロナウイルス。5月29日までに北海道内では、1066人が感染し、86人が死亡しました。

 病院や介護施設などで集団感染も発生。その中で最も多い92人の感染が確認されたのが、札幌市北区の介護老人保健施設・茨戸アカシアハイツです。

 川が穏やかに流れゆったりと時を刻む場所で、100人ほどの高齢者が暮らしていました。

 介護老人保健施設とは、入院していた高齢者が自宅に戻るためにリハビリなどを行う介護施設です。

 しかし実際は在宅での生活が困難で、より重度な介護に対応する『特別養護老人ホーム』への入所を待つ人が多いと言われています。

 茨戸アカシアハイツの最初の感染者は、60代の女性入所者。4月18日に発熱し、呼吸困難となり24日に入院しました。PCR検査の結果、25日に陽性が確認されたのです。そして…

 札幌市保健所 山口 亮 部長:「茨戸アカシアハイツにおいて、新型コロナウイルス感染症の集団感染事例が確認されましたので、お知らせいたします」

 Q「茨戸アカシアハイツはクラスターと考えていますか?」

 札幌市保健所 山口 亮 部長:「クラスターと考えております」

 70代から90代の入所者14人に感染していることが分かりました。

 これは、アカシアハイツのような介護施設で感染者が発生した時の国の指針です。重症化するリスクが高いことから、原則入院することを求めています。

 しかし、14人はすぐには病院に搬送されませんでした。